東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京の移籍加入選手を振り返ってみる (2000年編)
C大阪の黒部の移籍話でちょっと盛り上がっている今日この頃。 東京ってこれまで移籍補強でコイツはめちゃめちゃハズしたっていうのは少ないようなイメージがあるし、選手予算が潤沢でないためか、名より実というか、どちらかと言えばシブ線の補強が多かった気がする。
で、東京の過去の移籍加入選手って実際どんなだったかなーとふと思ったので、年度ごとにちょっと振り返ってみようと思う。(主観によるABCD評価付)

DF 内藤就行 (B)
シーズン開幕当初から右SBのレギュラーに定着。 派手なオーバーラップとかはなかったけど、いぶし銀の働きでチームを支えた。 引き分けをはさんで7連敗したときに、その引き分け試合の同点ゴールを古巣鹿島相手に決めたりもした。
この内藤、個人的に思い入れがあって、東京で初めて直接サインをもらった選手なんだけど、これ以上ないほど丁寧にサインを書いてくれた上に、きちんとこちらの目を見ながら握手して 「いつも応援ありがとうございます」。 それまでJリーガーに対してもっていたイメージを覆された。 東京の選手はみんなファンへの対応が良いけれど、内藤は僕の中では歴代No.1 (ちなみにNo.2は戸田)。

MF 浅野哲也 (C)
開幕してしばらくは常時スタベンでたまに交代出場してたけど、次第にベンチ入り機会もなくなり... シーズン終盤には小池に代わってスタメン出場もあったが、正直あまり印象に残ってない。 やっぱこの人は名古屋のイメージが強い。 にもかかわらず、現在は密かに東京シンパのサッカー解説者として活動されているので、評価はオマケのC。

DF 前田浩二 (D)
ご存知、漢前田。 東京では開幕後数試合ベンチ入りするも、出場機会がないままシーズン途中で福岡へ移籍していった漢前田。 戦力的な貢献はほとんどなかったが、東京に選手会組織をつくったのは漢前田。 東京退団後も数チームを渡り歩き、ヴォルカ鹿児島では選手兼監督を務め、現在神戸で強化ディレクター職についているので、やっぱり人望ある人なんだなと思う。 さすが、漢前田

その2へ続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
漢前田いいですねー。
東京のイメージに合わない荒っぽい漢でしたねぇ。
2005/06/02(木) 08:30:29 | URL | hori☆ #-[ 編集]
hori☆さん、コメントありがとうございます。

結構期待してたんですけどねー。小峯とポジション争いして負けちゃったから...

今東京で漢前田と言ったら、前田和也か。 あと前田治ってのもありかも。
2005/06/03(金) 00:36:32 | URL | こた☆ #-[ 編集]
すごい、こんなに憶えてらっしゃる
のですね。>移籍加入

僕もFC東京の移籍加入選手達は
その多くが活躍をしてくれたので、
FC東京は選手獲得が上手いという
印象があります。
昔は浅野と浅利が混同してました(汗

続きが非常に楽しみです♪
2005/06/03(金) 09:20:59 | URL | 上手投げ #-[ 編集]
上手投げさん、コメントありがとうございます。

年を取ると昔のことほどよく思い出すものですw
ネタ的にけっこう持ちそうなので、まったりと続きを書いていこうと思います。
2005/06/03(金) 23:47:14 | URL | こた☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/6-af88c7f9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。