東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京の移籍加入選手を振り返ってみる (2003年編)
2002年編はこちら

DF 金沢浄 (A+)
(当時の)チャンピオンチーム磐田から移籍加入。 東京の左SBは、前年まで藤山、下平、茂庭が務めていたがいずれも一長一短があり、東京のウィークポイントの一つと言われていた。 その穴を埋めるべく、東京強化部が白羽の矢を立てたのが、藤田や名波の控えとしてベンチを温める機会の多かった金沢である (ちなみに金沢は01年2ndの東京戦にて自身のJ初ゴールを記録している)。

東京での初ゲームとなった、愛鷹で行われた清水とのプレシーズンマッチのSDTカップ。 PSMにもかかわらず警告2枚もらって退場となり、リーグ開幕戦は出場停止(PSMは準公式戦扱いなので、退場による出場停止処分はそのまま持ち越し)。
移籍していきなりこの出だしで不安に思ったが、第2節以降はポジションを確保。 常に安定したパフォーマンスを見せ、左SBの座を不動のものとした。

金沢の加入によるチームへの影響は本当に絶大だった。
まず茂庭が本来のCBの位置に入ることができ、また金沢自身の高い守備能力もあり、ディフェンスが安定して1stステージはリーグ最少失点を記録。 攻撃面でも、左右両サイドからの攻撃が可能になったため、加地、石川の右サイド攻撃がより効果的になり2ndステージではリーグ最多得点を記録。 この年の彼自身のパフォーマンスも代表に呼ばれてもいいくらいのものがあったと思う。

最近はコンディションがなかなかベストの状態にならないためか、こと攻撃についてはやや精彩を欠くが、これまで金沢が欠場したときの戦績が2勝3分5敗であることからも、彼が欠くことのできない東京のキーマンの一人であることは確かである。

2003年の移籍加入による補強はこの金沢だけだった(あとは、阿部を始めとする新人のみ)が、その後のチームへの影響を考えると、強化部の慧眼には感服する。 毎年湯水のごとくお金を使って他クラブのレギュラー選手を引き抜いても優勝争いに絡めないクラブもあるのに。

僕自身、金沢の獲得が(これまでの)東京史上最も成功した補強だと思っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/59-d886873b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。