東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
火曜日のささやかな愉しみ
毎週火曜は週間サッカーダイジェスト(以下サカダイ)の発売日。 会社での昼食は弁当を持参して自分のブースでとることが多いけど、火曜日は馴染みのお店に行きサカダイを読みながら優雅(?)なランチタイムを過ごすことにしている。

ちなみにサッカーマガジンは2001年の博多の森の一件(※)以来なんとなくネガティブなイメージを持っているので、立ち読みか最近はバモスタで斜め読みする程度。 東京の扱いもサカダイの方が良いし(東京担当の塚越記者の記事にはチームへの愛が感じられる)

このサカダイ、数年前までは隔週刊、さらに前は月刊だったので、週刊化された当時はそんなに毎週やるネタあるのかよ!と思ったけれど、Jリーグ、代表、海外ネタ等なんだかんだで扱うネタは尽きないみたい。 週刊化当時は毎週木曜だか水曜の発売だったけど、火曜に発売日が前倒しされた当時は、それにもかかわらずきっちり日曜日のJリーグの試合レポートが写真付で載っていたのには驚かされた(今はもうそれがあたりまえになっちゃったけど)。 以前雑誌制作に関わっていたときは月刊誌でヒーヒー言っていたのに、毎週校了が来る週刊誌に携わっている人は尊敬しちゃう。

サカダイで読んでいて楽しいのは、もちろん東京や東京の選手がフィーチャーされた記事や勝った試合のレポートなんだけど、この1ヶ月半は試合レポートはもちろん、Jリーグの特集記事の中でもネガティブに扱われてたので、正直しんどかった。

この大分戦の勝利でやっと悦楽にひたれるーと思って、今日はサカダイを買って勇んでランチに出かけたけれど...

CIMG0098ss.jpg
こんな扱いだった... orz



2001年2ndステージの福岡戦。 当時降格危機にあった福岡は、なりふりかまわぬ姿勢で試合に臨み、ラフプレーの連発。 特に、ケリー、伊藤哲さんは中払とのボールの奪い合いの中で脇固めで腕を極められたような形で転倒、両者とも肘にケガを負った(サッカーでは通常ありえないケガだし、同じことを二人にした中払は明らかに故意)。 また、サンドロもボールの競り合いで服部に肘打ちをされて頭部を負傷した。

ちなみにこのときの主審は奥谷(ハゲ)。 このようなラフプレーが随所に見られたにもかかわらず、福岡への警告は1枚のみ。 最も危険なプレーをした中払、服部には警告なし。 奥谷との因縁は実はこのときから始まっていた...

で、その試合レポート。 サカダイはそのような姿勢の福岡をいさめる記事だったのに対し、マガジンの方は福岡の試合運びを礼讃するような内容の上、ロッカールームでピッコリ監督を中心に歓喜に沸く選手の写真をデカデカと載せていた。 当時多くの東京サポーターの怒りを買ったのは言うまでもない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/5-b22e5c25
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。