東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京の移籍加入選手を振り返ってみる (2002年編 その1)
2001年編はこちら

DF 茂庭照幸 (A+)
湘南よりレンタル加入(03年より完全移籍)。 面白DFの座を小峯から引き継いだかに見えたが、着実に力を伸ばしA代表に呼ばれるまでになった。 ひょっとして面白DFは返上?
まあ、現在は名実ともに東京になくてはならない存在なのは誰もが認めるところだと思う。

入団当初はCBのポジションを奪うまでには至らず、左SBを務めていたこともある。 ジタバタドリブルや切れそで切れないラインいっぱいのフィードなど、彼独特のパフォーマンスを見せたのもこの頃。

このときの茂庭はお世辞にも良いDFとは言えなかった(ボールを持つたびにハラハラさせられた...)が、もともとの素質に加えジャーンや伊藤哲さんの存在が彼の意識を高め、A代表に召集されるほどの急成長をとげた。 もし他のチームにいたらおそらく現時点でここまでの選手にはなっていなかったと思う。 もちろんまだまだ成長の余地のある選手。 代表定着を目指してがんばって欲しい。

インタビューなんかの受け答えをみると、ふてぶてしい感じがするけど、それは照れ隠しでホントはとってもシャイなんじゃないかなと思う。 いい人モニワ。


その2へ続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
モニのいいとこはやっぱハートですね!
モニの東京に対する愛ってすごく感じるし、サポータの愛も彼には伝わってますよね!
2005/07/06(水) 00:40:13 | URL | ワンワン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/43-e75c13ca
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。