東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
胸の誇り
Amazon.co.jpの販売ページへ

「世界のサッカーエンブレム 完全解読ブック」 という本を読んだ。 ヨーロッパ各国のプロリーグやJリーグのクラブ、各国代表チームなど、276チームのエンブレムを取り上げ、その謂われをチームデータとともに紹介している作品である。
各クラブのエンブレムは、たとえ有名どころでも知っているようで意外ときちんとは見知っていないので、こういう本で改めてじっくり見てみるのもいいものだと思う。

一口にエンブレムといっても、単純にチーム名を意匠化したものから、写実的なグラフィックを模したものまで、本当に千差万別である。 また、国(あるいは地域)を象徴する物や色、形などを巧みに取り入れているものもあり、特にイタリア、スペインなどの古参クラブのものは、エンブレムが歴史を物語っているようで非常に興味深い。
まだ歴史が浅いとはいえ、Jクラブのものも、それぞれの理念、地域のシンボルなどを巧みに取り入れたものになっている。
ちなみにこのエンブレムはなんかデザインポリシーとかあったりするんだろうか...

戦場での敵味方の識別のために盾に描かれた模様がエンブレム(紋章)の始まりであるらしく、盾の形を基本としたエンブレムを採用しているクラブが多い。 もちろん、それ以外にもさまざまな形が見られれ、たとえばバルサのエンブレムはコオロギを煮るための鍋(!)をかたどっているらしい (もちろんその謂われもこの本に紹介されている)。

我らが東京のものはというと、一見ありがちな盾型のようでいて同じ形を採用しているクラブはこの本には載っていないので、けっこう珍しい形なのかも。

でも、やっぱりどこかで見たことがあるような気がするなーと思って、探してみたらコレだった。orz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/36-613b77b9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。