東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
時間だけが解決してくれるの?
昨日の大分戦でも目立った働きを見せられなかったダニーロ(出場時間は短かったけど)。 最近のチーム情況もあってか、ダニーロ切って外国人FWを、なんて意見もよく見るようになってきたし、まあ現時点で彼が残した結果だけをみればそれも仕方ないけど。

対してダニーロ擁護派の意見としては、去年のルーカスもそうだったしチームにフィットするまでもうちょっと長い目で見てあげようよとか、もともとケリーの代役として即戦力を期待して獲得したわけではないんだから、というようなものがあると思う。

原監督はシーズン前にダニーロについて「彼は若くてこれからの選手だから、憂太や梶山と競争させて...」と言っていたけど、戦力補強は強化部の専権事項で監督が直接タッチするものではないし (特に東京の場合、原監督はこういう選手を獲ってくれとかあれこれリクエストしたことはないらしい)、今年はリーグ制覇をというタイミングで、実績を残したケリーの代わりに将来性だけを見込んで若い外国人選手を連れてくるというのはふつうに考えたらおかしい。

おそらく強化部としては将来性プラス(ある程度の)即戦力も見込んでダニーロを獲得したのではないかと思う(去年のブラジル全国選手権で18試合11ゴールの触れ込みだったし)。 もしそうだとしたら、そういう面では期待を裏切られたと言わざるを得ない。

あと、チームにフィットするまで時間がかかるから長い目で、というのも理解はできるが去年のルーカスと同じに考えるのは違うと思う。ルーカスの場合は、ポストアマラオとして求められている役割が明確だった上、彼自身フランスで辛酸をなめてきた経験がありモチベーションコントロールにも長けていたと思う。 そういう意味では、出場時間を重ねてチームやJリーグのサッカーに慣れたことで力を発揮できるようになったのは必然だったのではないだろうか。

翻ってダニーロの場合は... (続く)


20050530001707s.jpg
大分戦終了後、スタンドにユニフォームを投げ入れたダニーロ。何を想う...
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/3-647d8080
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。