東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
同じサポなら踊らにゃソンソン
発端は2ちゃんで現地サイトに載った情報が晒されたことのようだけど、突然のように降ってわいた新外国人選手移籍騒動
セロ・ポルテーニョのオフィシャルサイトにも情報が出ているということは、まったくのガセということでもなさそう。 ルーカスやダニーロのときも、東京が正式に獲得を発表する前に、現地のサイトに出た情報を誰かが見つけてきてネットで晒すというパターンだったし。

このサンティアゴ・サルセド、パラグアイ代表で現在リベルタドーレス杯の得点ランクトップという触れ込みだけど、はたして救世主的な働きを期待できるのだろうか? 現時点ではまったく未知なだけに、なんとも言えない...
ダニーロだって、ブラジル全国選手権18試合11得点という触れ込みだったし、年齢も同じ23歳。 「彼はまだ若くてこれからの選手だから、憂太や梶山と競争して...」なんてどこかで聞いたセリフをまた繰り返すなんてことはないよね? この状況で新しい外国籍選手をとるということはそれこそ即戦力を期待しないと。

(2種登録だったマルセロ、オリベイラの例を除けば)シーズン途中で外国人選手を入れ替えるのは東京にとって初めての試み。 しかもクラブ初となるパラグアイ国籍の選手だし。 それだけ本気度が高いということかも。

って、ホントに移籍してくるかはまだわかんないんだよね。 ダニーロの処遇もあるし。 とりあえず何らかの発表があるまではいろんな情報に踊っちゃおう。 中断期間中で他に面白いネタもないし。 それもフットボールの楽しみ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokyodara.blog11.fc2.com/tb.php/21-125d30ed
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。