東京☆だら?
FC東京の話題を中心に日々の出来事をつらつらと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
リチェーリ加入内定
4月から謎の17歳ブラジル人練習生として小平界隈をにぎわせてきたリチェーリの加入が内定した(プロC契約)。
18歳未満の国際移籍はNGとのことで、18歳の誕生日を待って晴れて正式契約の運びとなったらしい。

すでに長期間トップチームの練習に参加しているのでチームへの馴染み具合はササより上だし、実力からいってコンディション次第ではササを差し置いて第3の外国籍選手としてベンチ入りする可能性もあると思う。 いや、原監督のことだから十分ありうる。

でも調子に乗ってリチェーリをガンガン使っちゃうと、あっという間にA契約の基準(450分出場)に達してしまう恐れがあるので、その辺は考えて欲しい。
まだ18歳なんだから、とりあえず再来年くらいにA契約基準に到達するくらいのペースで使って、ちょっとでも長く我々を楽しませて!
チャンのこともあったわけだし。
スポンサーサイト
すごく変な夢を見た...

変な夢を見た。

前半戦の不振の原因を的確に見抜き、控えでくすぶっていた選手を抜擢し先発陣を刷新。 フォーメーションも変更。
それとともに、練習メニューも組み直し、それがまた絶妙なもので、選手の能力、コンディションが目に見えるほど向上。
また、選手とのコミュニケーションも良好で、何を求められているのかが明確と各々のモチベーションも上がり、チームの雰囲気は最高潮。
中断期間中のPSMや練習試合も連戦連勝で、マスコミも、後半戦の台風の目としてチームを大々的に取り上げ、さすが名将と賛辞を送ってんの

バドン監督に。



疲れてるのかな...
オトナとコドモ (PSM FCバイエルン戦)
う~ん、やっぱりこんなもんだよね、と言ってしまっていいものか... それとも、0-4で済んで良かったね、というべきか。 海外クラブとの親善試合4戦目にして初めて全く見せ場無しに終わってしまった。

レギュラーがごっそり抜けた東京のメンバーのこともあるけど、バイエルンはフツーに強いと思った。 本気は出さないまでも、チームとして堅実にボールをつないでゴールを目指すという姿勢が表れていた。
そりゃあそうだ、ブンデスリーガはもう来週には開幕だもの。 普通に考えたらそんな時期に日本に来るなんてという気もするけど、それだけに今日の東京との対戦は、開幕に向けての調整試合の一つとして臨んだのだと思う。 東京でいうと、水曜日に学生相手に練習試合するみたいな感じ?

そのあたりが今まで対戦したレアルやローマ、ユベントスとの明確な違いじゃないだろうか。 そういう意味では、東京が惨敗したとは言え、試合としては締まっていて良かったと思う。 特に感心したのは、ボールを無駄に外に出したりしないこと。 相手が相手だけに楽だからと言えばそれまでだけど、局面で苦しまぎれにタッチに逃げるということはほとんどしていなかったと思う。 また、一つ一つのプレーを大切にして、確実な選択肢を選んでボールをつないでいく姿勢も東京が見習うべきものではないだろうか。

あと、これも今までの親善試合では見られなかったものだけど、バイエルンG裏のサポーターもスタジアムの雰囲気作りに貢献していた。 おそらく日本にいるドイツ人サポだと思うけど、貼られた段幕は使い込まれたもののようだったので、もしかしたら本国から来た人もいたのかも? ゲーム終了後にバイエルンがG裏に挨拶に行ったのも好感が持てた。 これも今までは見られなかったものだし。

なんかバイエルンばかり持ち上げているけど、まあ東京の方は、ね。
ササ様は見せ場をつくるという意味ではほとんど仕事はできなかったけど、ゴール前での競り合いから瞬時にシュートに持ち込むなど、力の片鱗は垣間見せていた。 トップチームに本格合流して馴染んでいけば、実力を発揮できるようになるのもそう遠くないと思う。
あとの選手はビミョー。 とりあえず凡ミスは止めて欲しい。

最後に一言。 スズケン見たかった!
バイエルン... イッツ ア スーパースター Yeah!
戸田、ルーカス、ジョーにつづき、ジャーンまで負傷離脱。 いかにHOT6が過酷な連戦だったかがわかる。
普段は退屈でイヤなリーグ戦中断だけど、今回は不幸中の幸い。 リーグ戦再開初戦はいきなり大一番の浦和戦なので、体を休ませつつじっくりケガを直して万全な状態で復帰して欲しい。

ということで、バイエルン戦は代表組4人を合わせて8人ものレギュラーメンバーを欠く布陣で戦うことに。 ましてや要のポジション、GK、DFライン、FWを全て控えメンバーで組まざるを得ないのは正直痛い...
かたやブンデスリーガチャンピオンは、海外サッカー音痴の僕でも知ってるようなビッグネームがずらり。 ドイツ最強クラブチーム(しかもベストメンバー)にJリーグ13位のクラブのサテライトチームが挑む、前代未聞のプレシーズンマッチが見られそう。

東京DF陣は試合開始後何分間失点で耐えることができるか、そして合計何失点に抑えることができるか、はたまた攻撃陣はカーンから得点を奪うことはできるのか...
ちょっと自虐が過ぎるかもしれないけど、ぶっちゃけ勝負の行方なんて考えるまでもないので、僕自身は別のところで楽しみを見出そうと思っている。

VAMOS スズケン!! (ササ様もね)
[バイエルン... イッツ ア スーパースター Yeah!]の続きを読む
東京の移籍加入選手を振り返ってみる (2004年編)
2003年編はこちら

MF 今野泰幸 (A+)
札幌より完全移籍で加入。 04年はアテネオリンピックのためU-23代表で召集される機会が多く、チームに早く馴染むことができるか不安視する向きもあったが、そんなことはどこ吹く風、終わってみれば代表召集で出場できなかったゲーム以外はフルタイム出場。 そして、ナビスコカップ優勝も今野の働きがあったればこそ。 移籍初年度にしてチームの大黒柱に。
そして今年も、戦術 「コンノ」 と一部で評されるほど、チームにとってなくてはならない存在である。

戦力面での貢献は言葉にあらわせないほどだが、金銭的にもメディア露出やグッズ売り上げなどを考えれば、経済効果ウン億円? 東京にしては大枚をはたいた2億円超といわれた移籍金も十分過ぎるほどのペイが得られているはず。 まさしく孝行息子。

移籍話が出た当時、資金力もあり、札幌時代の恩師岡田監督のいる横浜が有力視されたが、お金より憂太との友情をとって東京に移籍してきたとも言われる。 ちなみに、まっすーこと増嶋も東京を選んだ理由の一つに梶山との親交があったらしい。
このように東京は、乏しい資金力をカバーするために人的つながりも選手補強戦略の一環としている節がある。 噂によると、ロナウジーニョのリオ・グランデ・ド・スル小学校以来の大親友、日系ブラジル人のロベルト田中氏にフロント入りを打診しているとかいないとか。

ちょっと前に、セリエAジェノアからの移籍オファーが取りざたされたが、東アジア選手権で待望のA代表入りを果たし順調にキャリアを重ねている今、そんなケチな移籍話に乗ってはいけない。
2009年世界クラブ選手権優勝、2010年W杯南ア大会ベスト4入りの立役者となって、マルケスの後継としてバルセロナに移籍金20億円で移籍予定(妄想)。


DF 松本昂聡 (D)
京都よりレンタル移籍。 ポジションセンターバック、ユース代表候補歴あり、ちょっとひねくれた雰囲気、素質は見込まれるがいまいち突き抜けきれていないなど、かつてのモニワ臭たっぷりの選手だった。 チームもそのあたりを見込んで獲得したんだと思う。

残念ながらトップチームでの試合出場はなし。 一度サテライトのゲームで見たときにはなかなか良い選手だと思ったけれど...
在籍は04年限り。 東京退団後は神戸へ再レンタル。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。